【過去公演】

「マリーと七色の部屋」

「自分の色」が見つからない不器用な少女マリーの葛藤と成長を、圧倒的な色彩と、

豪華な生演奏のオーケストラで描く、至極のオリジナルミュージカル!

f01.jpg
4staff01.png

<CAST>
<パレットチーム>
大内慶子 (オフィス・エイツー)
大柿友哉 
立枕夕佳 
石井仁美 (明治座アートクリエイト)
川目晴香 
久保早里奈 (AQUA Dream)
伊藤かの子 
大上のの
村田沙織 (PAO)
津山 智 
杉村理加 (テアトル・エコー)

<全ステージ出演ダンサー>
 渡辺香織
 西 綾夏
 林菜々子
 須田さくら (アヴィクション)

<全ステージ出演シンガー> 

竹之内希美 

佐藤千裕 (劇団ファイ・カンパニー) 

井浦春薫

<ORCHESTRA>
ヴァイオリン・コンサートマスター:長崎真音
チェロ:手塚春菜/石貝梨華
マルチリード:近藤 淳
ピアノ:伊藤祥子/三橋美笛
打楽器:大場章裕/上原なな江
ベース:鈴木 智

<キャンバスチーム>

田邊来菜

中野亮輔 (青年座)

矢鳴優花

小原千佳 

上森真琴 

柳川知緩 

加藤伊吹 

長尾 愛 

大迫七重 

石福敏伸 

岡田 静 (MASH)

ura01.jpg

STAFF

脚本=今井夢子(椿組/Manhattan96)

音楽=高崎真介

演出=大杉 良

指揮=福井雄一

振付=伊藤南咲

美術=根来美咲(青年座)

照明=宮野和夫

音響=田島誠治(Sound Gimmick)

衣装=橋本龍二

ヘアメイク=我妻淳子

宣伝スチール・小道具協力=松本淳市

宣伝美術・当日運営=黒田哲平(Voyantroupe)

舞台監督=川崎耕平

制作=小宮凜子

稽古ピアノ=伊藤祥子・三橋美笛

メイク協力:プロメイク 舞台屋

協力:サンキョーレンタルスペースタバタ

<日程>

2019年2月27日(木) 〜3月3日(日)

<TICKET> 
前売 5800円
当日 6000円
前売り プレミアムチケット 10000円
 (前方中央寄り指定席。公演パンフレット・上演台本付き)
学生割引(高校生以下・要学生証) 前売・当日 3500円
未就学児(指定回のみ入場可)前売・当日 1000円

<場所>

R'sアートコート

ダンスあり、歌あり、タップあり、芝居あり、マジックあり、なんでもありのManhattan96 LIVE!

Manhattan96 LIVE vol.4 ~ライト・ライト・ハンド~

脚本・構成・演出 今井夢子
振付 今井夢子・伊藤南咲
音楽 高崎真介

・・・求めあう右手。繋ぎあう右手。傷つけあう右手。差し示す右手。物語る右手。

「私」の右手、「あなた」の右手、右手の「私」、右手の「あなた」・・・・・

ダンス・タップ・マジック・音楽・演劇・そして降り注ぐ言葉のコラボレーションで描く、Manhattan96 Revue!
第4弾は「右手」をモチーフに、可笑しく寂しい、様々な人間模様を描きます。

―呼吸する「私」の右手と、呼応する「あなた」の右手の、おはなし―

【日程】

2018年5月18日(金)  19:30・19日(土)14:00 / 19:00

【チケット】

前売り・当日 3300円+1ドリンク

【場所】

吉祥寺 STAR PINE'S CAFE

【CAST】
鳥越さやか(ZINGY ZAP Enterprises)・柳内佑介・山中淳恵(椿組)・古林一誠(お座敷コブラ)
伊藤南咲・碧さやか(傘碧舎)・大上のの・黒木佳奈(疎開サロン)・今井夢子(椿組/Manhattan96)

Manhattan96 Movie

〜セロリ・パラダイス・マリネ〜

出演者

斎藤健(チャコールモンキー) 碧さやか 柳内佑介 水木ノア 黒木佳奈(疎開サロン)

高崎真介 山中淳恵(椿組) 今井夢子(椿組/Manhattan96)

脚本・演出/今井夢子
音楽/高崎真介

美術/根来美咲(青年座)
撮影/松本淳市

協力/ジャック天野・スペース29

Manhattan 96 LIVE

~Little Palette, Little Mam!~

構成・演出  今井夢子
振付   今井夢子・伊藤南咲
音楽 高崎真介

2017年5月25日(木)・26日(金)
全3ステージ

@吉祥寺 STAR PINE'S CAFÉ

 

【タイムテーブル】
5/25  19:30
5/26  14:30
5/26  19:30
開場は開演の1時間前。

会場内でお食事やお飲み物を楽しみながらご覧いただけます。

【チケット】
3300円+1drink

【キャスト】

今井夢子(椿組/Manhattan96) 伊藤南咲 梶原航(ZINGY ZAP)

志々目遥菜(テアトル・エコー) 下西春奈 ALySsa 多部田瑞葉 豊田真愛 吉野めぐみ

なにわえわみ(劇団フェリーちゃん) 胡麻鶴彩 村川加苗(セントラル株式会社) 碧さやか

五十嵐愛 今井敦(ザ・スーパー・カムパニイ)

1部は「母」をテーマにしたダンスレビューを、2部では「色」をテーマにしたオリジナルミュージカルをお届けいたします。

【シーン構成】

第一部 Revue -Helle,Little Mam!-

Scene1 Opening「Hello!Little Mam!」

Scene2 Impro「待合室にて」

Scene3 Dance「優先席にて」

Scene4 Dance「That’s Right!」

Scene5 Magic「ジョイフル寺西のお悩み相談室」

Scene6 Dance「幻想即興曲~ネコとネズミのデュエット~」

Scene7 Song&Tap「ミスターボージャングルス」

Scene8 Song「星になった人へ」

Scene9 Ending「Hello!Little Mam!」

第2部 Musical ―マリーと七色の部屋―

「Manhattan96 Revue vol.3 ~50とひとつの蝶結び~」

2016年10月7日(金)~16日(日) 全14ステージ

Performing Gallery & Café 絵空箱

 

構成・演出・振付:今井夢子

音楽:高崎真介 振付:伊藤南咲 美術:根来美咲(青年座)

​【キャスト】

内山智絵 (少年社中) 椎名りお 久津佳奈 山中淳恵(椿組) 横関友希(レインボースタジオ) こもだまり(昭和精吾事務所)

今井夢子(椿組/Manhattan96)

梶原航(Art Loving) 鶴町憲(InnocentSphere)本間茂樹(ピーチーズ)

【タイムスケジュール】

7日(金) 19:30
8日(土)14:00/19:00
9日(日)14:00/19:00
10日(月・祝)15:00
11日(火)19:30
12日(水)19:30
13日(木)19:30
14日(金)14:00/19:30
15日(土)14:00/19:00
16日(日)15:00

【チケット料金】
一般:3,000円+1drink
ペア割引:5500円+2drink

 ※2名様同公演回にご来場の場合のみ有効。前売りのみ
リピーター割引:2500円+1drink(チケット半券をお持ちの方のみ有効)

 

あなたとわたし あいうえおんなじ かんちがい きちがい かきくけこころ

さっぱりしらない せかいの さしすせそらを たったいちどの つなわたり

たちつてんごくとじごくの まんなか なにを なにぬね のぞむのか

はみだし ひきつる ふるえる へだたり ほほをあからめ はひふへほ

まだまだ みはてぬ まみむめも やっとみつけた いとしいゆめを

えんじましょうよ やいゆえよ ららら うたえば らりるれろ あなたとわたしを つなぐことば あとひとつ

 

芝居に 唄に 踊りに タップに 頁を捲れば夢物語 

蝶が舞う 神が迷う 蝉が鳴く 人が足掻く 紙に綴れば置手紙 

秋!Manhattan96が贈る、これが現代のレビューショウ!

【シーン構成】

Scene.1 OPENING「ム、と、シ」

Scene.2 ACT「サイトウさんとサイトウさん」

Scene.3 DANCE「赤ずきんとその後」

Scene.4 TAP「14歳の娘と私」

Scene.5 ACT「問題と答え」

Scene.6 ACT「セミとキリギリス」

Scene.7 DANCE「私と時間」

Scene.8 TAP「15歳の娘と私」

Scene.9 SHOW「カミとタブレット」

Scene.10 ACT「ロミオとジュリエット」

Scene.11 ENDING「50とひとつ」     上演時間100分

〜「50とひとつの蝶結び」観劇者様の感想抜粋〜

 

・どのシーンをとっても素敵なものばかりで、どれを外しても作品が完成されないとても計算された作品だと思いました。シーンごとにしょっちゅう泣きました。最後の演出、鳥肌が立ちました

 

・とても詩的で、哲学的で、ダンスや歌などもあり、そのバランスやタイミングがとても絶妙で、1時間50分を感じさせないスピード感がありました!本の中に入り込んだ感覚もあり、目に見えるもの、見えないもの、時間や空間すべてのものを超えての感覚を受けて、とても楽しかったです

 

・おとぎ話のような、サーカスのような、万華鏡のような。悲しくないのに、何度も涙がこぼれそうになりました。

 

・Manhattan96の世界観のいい意味での凶器と猥雑さを感じられました。

椿組番外プロデュース公演第1弾 新宿SPACE梟門柿落とし公演

Manhattan96 Revue vol.2 
~窓枠のパレード・パレード~

 

作・演出 今井夢子

 

窓枠の中に何が見える?わたしとあなたとあの子とあいつ 絡まり転がる横恋慕
額縁の中に何が見える?嫉妬か光か孤独か憧れ 描き重ねる極彩色
鏡の中に何が見える?心が心が心が心が はみだし求める万華鏡
さあさあ今宵も縁取りあそび 踊りに唄にタップに手品に 大騒ぎのパレードがやってくる!
Manhattan96が贈る これが現代のレビューショウ!

 

【CAST】
伊藤南咲・今井夢子(椿組)・内山智絵(少年社中)・志々目遥菜(テアトルエコー)・山中淳恵
糸山和則(アマヤドリ)・梶原航・小寺悠介(無隣館)
水木ノア

 

【タイムテーブル】
2015年12月9日~15日
 9日(水)19:30★
10日(木)19:30
11日(金)14:00★/19:30
12日(土)14:00/19:30
13日(日)15:00
14日(月)19:30
15日(火)15:00★


【劇場】

SPACE梟門

【STAFF】
作・演出:今井夢子
振付:    今井夢子・伊藤南咲
音楽:   高崎真介
美術:   根来美咲(青年座)
音響:    田島誠治(SoundGimmick)
照明:    久津見太地
衣装協力:市川由佳
舞台監督:ジャック天野
宣伝美術:牛嶋みさを
宣伝ヘアメイク:徳留歌織

制作協力:小宮凜子・椿組
企画・制作:Manhattan96

【シーン構成】

Scene.1 OPENING 「よく晴れた朝のスケッチ」

Scene.2 ACT 「笑う月」

Scene.3 DANCE 「ザッツ・ザッツ・テレビショウ」
Scene.4 MAGIC 「アートは不滅だ!」 

Scene.5 ACT 「開けてはいけない」

Scene.6 DANCE  「眩しきワーカーホリック」
Scene.7 DANCE 「最終電車の窓に」

Scene.8 MAGIC 「アートの時間だ!」
Scene.9 SHOW 「名画たちのパレード」

Scene.10 ACT 「百万本の薔薇」

Scene.11 SONG 「星になった人へ」

Scene.12 ENDING 「極彩色の朝の風景」    

※上演時間120分

〜「窓枠のパレード・パレード」観劇者様の感想抜粋〜

 

・夢見る少女風かとおもったらとんでもない、むしろオスカー・ワイルドばりの大人の童話でびっくりしました。愛の屈折率はさらに上回っているようです

・とにかく五感でフルに味わえるパレード・パレードでした。面白かったです。ストーリー性がなさそうでありそうで、でもちゃんと一つの作品としてパレットに収まっていたと思います

・とても躍動感のある素晴らしい作品でした。静と動の切り替えが窓を通して繰り返される、この発想はとても面白かった

・変幻自在の構成、思いがけない展開を繰り広げる脚本、楽しい演技、迫力ある軽快なダンス。レビューがこんなに面白いものとは!やみつきになりそうです 

【スタッフ】

音響:田島誠治(SoundGimmick)

照明操作:水田歩美  照明:久津美太地

衣装:稲田うさぎ

ヘアメイクプラン:小中澤文

舞台監督:趙 徳安

 

宣伝美術:小中澤文・丹藤聡子

宣伝写真:角田享祐

 

当日運営:村上何時か

制作:和田幸子

企画・製作:Manhattan96

豪華ゲストシンガーあり!

★2月6日(金)14:00 今井敦さん

★2月7日(土)18:00 水木ノアさん

【出演】

今井夢子(椿組)

伊藤南咲 梶原航 蓮見のりこ 真弓瞬 村上弥生 八木岳(劇団アニマル王子) 横関友希

 

Manhattan96 Revue Vol.1 

〜珈琲豆のためのスケルツォ〜

 

作演出:今井夢子/振付:今井夢子・伊藤南咲/音楽:高崎真介

 

2015年2月4日(水)〜8日(日) 全7公演

【シーン構成】

Scene.1 ACT「カフェにて」

Scene.2 STOMP「モーニングピーク」

Scene.3 DANCE「ネコとネズミのデュエット~Rich Man’s Frug~」

Scene.4 ACT「逃げ出したい」

Scene.5 DANCE「一杯のお値段」

Scene.6 MAGIC「メニュー開発者の憂鬱」

Scene.7 DANCE「ネコとネズミのデュエット~幻想即興曲~」

Scene.8 ACT「離れたい」

Scene.9 SHOW「追いかけたい~恋の歌謡メドレーショウ~」

Scene.10 ACT「美しい99の」

Scene.11 SONG「花はいま」

Scene.12 ENDING「あなたのための数え歌」  

 ※上演時間 100分

〜「珈琲豆のためのスケルツォ」観劇者様からの感想抜粋〜

 

・すべてが愛しいシーンの束でした。笑い笑い泣き泣き泣き、最後の100日目、美しいものそれは思う心。涙止まりません。夢も、思いも、決してなくせない。希望の物語。ありがとうございました。

・「美しい」という言葉を聞いたとき、目にしたとき、今日観たものを思い出すと思います。「世の中のすべては美しいのだということに気づかせてくれました」というセリフが、今見終えるととても印象に残ります。

 

・高校生から大学生になるときに、どこかで「演劇を見て体が震える」という症状をおいてきてしまったのかなんなのか、しばらく劇を見ても震えがなかったのに、今日のラストシーンで震えた気がしました。

 

・それはとてもとても美しい世界で非常に感動しました。ひとつひとつのエピソードの完成度が高いうえにそれが全体において有機的なつながりを持っていて、うまいなと思いました。音楽・ダンス・言葉・役者・空間それも素晴らしかったです。また見たいと思える作品でした。

 

・おもちゃ箱をひっくり返したみたいに、面白いもの、変わったもの、よくわからないもの、きれいなものが、ごちゃ混ぜで1シーン1シーンが楽しかったです。